2019年07月07日

RAINBOW GATE 2019 ドン・フジイ選手凱旋大会 (前編)

毎年4月にやっていた津大会が今年は無くて、
代わりに三雲大会に行ったあとにいつの間にやら6月30日の津大会が日程に入っていた。
もっと早くに発表してくれれば三雲の方は行かなかったのに・・・
もう今回はやめておこうかとも思ったのだが結局チケットを買ってしまった。
そして7回目のドラゲー観戦である。
全女やFMWの回数には遠く及ばないけど、
そろそろ新日の回数には近づきつつあるな・・・

会場は毎度のメッセウイング三重である。
今回は見た目からしてぎっしりと客が入っていた。
ほぼ満員に近い盛況だった。
これまで行った中では一番多いと思う。

ということで開始前まではお馴染みのリングアナと八木レフリーのトークをやっていた。
そして今回は第0試合もあった。
吉岡勇紀VS箕浦康太である。

第0試合2019.6.30.jpg

若手らしい試合だったけど、
両者ともに少しお疲れな感じもしたかな。
吉岡がだんだんと声も出てきて気迫が前面に出てくるようになってきたな。
でも俺的には箕浦の方によりポテンシャルを感じている。
試合の方は吉岡が先輩らしく圧倒して勝った。

それでは第1試合のYAMATO&フラミータ&ヨースケ♡サンタマリア VS ドラゴン・キッド&ジェイソン・リー&ジミーである。

第1試合2019.6.30.jpg

トライブヴァンガードからオカマが出てくることになったとたんに、
マキシマム側は全員が先発を嫌がってリングから逃げてしまった。
写真はその時の状態である。
結局観客の声援もあって渋々キッドが出てきた。
目まぐるしく動き回るいい試合なんだけども、
どうしてもオカマネタばかりが目立ってしまうんだよなぁ・・・
試合の方はフラミータがジミーとやらからその場飛びの不知火みたいなので勝利した。

第2試合はEita VS ワタナベヒョウである。

第2試合2019.6.30.jpg

ドラゲーはトップ選手と若手とのシングルを地方でも普通にやるのがいいところだな。
こんな若手相手にもREDの面々がセコンドとして介入してくるのはどうかと思うが、
ここのヒールはそういうところも徹底してるな。

そして毎度お馴染みの場外乱闘である。

第2試合場外乱闘2019.6.30.jpg

イスを積み重ねた上にブレーンバスターである。
こんな感じにヒョウがやられまくっていた。
極めつけは場外カウントが17くらいのところで金網にぶつけられて、
エイタは急いでリングに戻ったもののヒョウはしばらく倒れていたので、
カウントが19から3・4秒くらい経ってからやっとリングに戻っていた。
してやったりのエイタはカウントを止めていた八木レフリーにつっかかっていたが、
我慢し切れずに顔が思いっきり笑ってたぞ。
でも何だかんだで結構面白かったわこのネタ。

第3試合はドラスティック・ボーイ&奥田啓介 VS Ben-K&シュン・スカイウォーカーである。

第3試合2019.6.30.jpg

この奥田とやら津出身ということで毎回呼ばれるんだなと思ったのだが、
いつの間にやらドラゲー入りしたのか?
DDTとか聞いてたんだけどな。
REDから追放されたベンケーがやっぱりシュンとくっついたな。
この世代ではこのふたりがいずれはトップ戦線を担って行くんだろうし。
それにしても追放してもらえてよかったな。
あのままじゃ空気と化して埋没してしまうところだったぞ。
シュンがいい動きをしていた。
そして堂々たる勝ちっぷりだった。

続きは次回後編で。

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ 人気ブログランキングへ



posted by ひ辻 at 03:10| Comment(0) | 会場観戦2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: