2017年10月30日

メッセウイングみえ-ドン・フジイ選手凱旋大会-(後編)

前回からの続きである。
第4試合は望月成晃&堀口元気 VS 横須賀ススム&ドラゴン・キッドである。

第4試合2017.10.22.jpg

モッチーがドリームゲート王者とか新日で言えば永田が今さらIWGPを巻くようなもんだぞ。
ドラゲーも思い切ったことをするもんだわ。
そしてジミーズが解散してしまったのでそれぞれが元のリングネームで再スタートしている。
元ジミーズ対決となったのだがススムに髪の毛を攻撃された堀口が「6年も一緒にやってきたのに・・・」と泣き出した。
かと思えば、ゴムパッチンを仕掛けられたススムが「6年も一緒にやってきたやん」と言えば、
堀口は「6年の恨みぃ〜!」と言って容赦なくゴムを炸裂させていた。
それを見ていた望月が「俺もやらせろ」と言ってキッドにゴムパッチンを仕掛けようとした。
売店にいた斉了とともにゴムを引っ張ったのだが、
レフリーのカウントの途中で堀口が手を離してしまったのでゴムが望月に誤爆してしまった。
もうここまでくるとプロレスというよりもコントだわな。
でもこういう見せ方や観客の乗せ方がとてもうまいと思う。

第5試合はドン・フジイ&YAMATO&B×Bハルク VS 鷹木信悟&T-Hawk&エル・リンダマンである。

第5試合2017.10.22.jpg

ご当地レスラーらしいフジイの登場である。
今回は今までよりもかなり体を張っているように見えた。
出番も多くてパンプを取るシーンがかなり多かった。
リンダマンの成長が著しいな。
逆にTがイマイチ影が薄い。
ヤマトに喜怒哀楽の怒しか表現できてないと指摘されてたけど、
確かに表現力に難があるな。
結構な激闘の末に主役のフジイがリンダに取られてしまった。

これまでならここで終わりなのだが今回はまだ続きがあるのだ。
メインは今回の出場選手全員でのバトルロイヤルである。

メイン2017.10.22.jpg

これを見てみたくて今回また来てしまった。
フジイへの花束贈呈の後、始まったのだが・・・

バトルロイヤル2017.10.22.jpg

まぁ何つーか、いかにもオマケみたいな感じで・・・
それぞれちょっとずつ見せ場を作っては順番に粛々とフォールされたり落とされたりで、
あれよあれよという間にフジイとリンダだけになってしまった。
最後はフジイがリンダから取り返して勝利した。

エンディング2017.10.22.jpg

まぁ何だかんだで今回もそれなりに楽しかった。
あまりにもお笑いに偏り過ぎている感じもあるのだが、
それがドラゲーのカラーであり売りなんだろうな。
実際俺もそういうところが目当てになってしまっているし、
マッタリした雰囲気の中でほのぼのとプロレスを楽しむというのも悪くない。
何しろうちの地元にはドラゲーしか来てくれないんだから、
地元で生観戦するには他に選択肢も無い。
新日がまた昔みたいに来てくれるようになる日は来るのだろうか・・・

ドラゲーの観戦記ばかりになってしまって乗り換えたみたいな感じだが、
今でも俺は新日ファンのままである。
ただどうにもこの頃、新日への不満が溜まってきているのも確かだ。
いずれそういうのを記事にしようと思っているのだがまだ気が乗らない。
何かきっかけが欲しいところだな・・・

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ 人気ブログランキングへ



posted by ひ辻 at 05:29| Comment(0) | 会場観戦2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: